葬儀費用

ペットセレモニー
     

メニュー

トップページ
お問い合せ
葬儀のご案内
葬儀費用
オプション
火葬の種類
準備
リンク
サイトマップ
犬猫大好きblog

営業のご案内

日本の葬儀代金は、一般的に葬儀、飲食代、お布施などを合計すると平均200万円〜250万円程度。病気で入院し、医療費もかかった挙句、葬儀代に数百万円もかかるとは、泣きっ子に蜂とはこのことか?

では、世界中どこでも、それほどかかるだろうか?

例えば、アメリカの葬儀費用は45万円程。
韓国は平均40万円程度、ドイツは平均20万円、イギリスは平均12万円くらいしかかからない。

先進国の中でも高い方のアメリカの葬儀費用の約5倍。
イギリスとの比較では約20倍。

輸入に費用がかかるわけでもなく、円安や円高も関係なし、土地の広さや、人件費も関係なし・・・。

一体何故、日本の葬儀費用だけこんなに高いのか?

問題点は主に2つ。

@お布施や心付け(平均50万円)
A葬儀一式費用(平均150万円)

お布施や心付けといった寺などに支払う費用だけで、海外の葬儀費用分を軽く超えてしまう・・・。
坊主丸儲けとはよく言ったもので、もはや宗教ではなくビジネスだ。

また葬儀費用本体も高い。
使いまわしている祭壇や花に何故、そんなにお金がかかるのか?原価1万円もしない棺が10万円以上など訳の分からないことが枚挙に暇がない。

では、相当、葬儀社も儲かっているのか?と言えば、そうでもないところがポイントだ。

何故、一件、ボッタクリのような葬儀費用を請求しておいて、葬儀社が左程、儲からないのか?

それにはもう一つのカラクリがある。

実は、自分が死ぬ前から葬儀の準備をしている人はほとんどいない。
もちろん、家族も。

死ぬ前から家族の誰かが、葬儀の見積もりを取っていたら、不謹慎の誹りは免れない。

では、葬儀はどうなるのか?

ほとんどのケースで、家で実際に亡くなっていたとしても、救急車で運ばれて病院で死亡診断される。もちろん、入院中に亡くなったら病院で死亡確認される。

人が死んだ情報をどこよりも早く確実に知ることができるのが病院だ。

 

なので、どこの葬儀社も病院と提携をしている。またしようとしている。

つまり良く言えば、提携。実際は裏金になっているケースがほとんどです。
1件あたりの紹介料が数十万円。

こんな美味しい話を病院側も断りません。
紹介料が高いところに情報を流すわけです。

このようなカラクリがあるからこそ、日本の葬儀代はいつまでたっても安くならないのです。

では、どうしたら良いのか?

人はいつか亡くなります。
だからこそ、家族の誰かに任せるのではなく、自分の葬儀費用を自分で見積もりをしておくことです。

前金を入れておけば、さらに格安で葬儀も出来るでしょう。

一社だけではなく、複数の業者に見積もりを取ることも可能です。

葬儀は、家族の誰かに任せるのではなく、また病院に紹介された葬儀社や突然、現れた葬儀会社の営業マンにお願いするのではなく、自分で亡くなる前に準備しておくことが、家族に迷惑をかけない最後の自分の仕事かもしれません。


ブログ記事