ペットトリマー

ペットセレモニー
     

メニュー

トップページ
お問い合せ
葬儀のご案内
葬儀費用
オプション
火葬の種類
準備
リンク
サイトマップ
犬猫大好きblog

営業のご案内

最近はペットの美容院とも呼べるペットトリマーがいるサロンが増えてきました。

このペットトリマーとは、主に犬や猫などのペットのカット、トリミング、シャンプー、爪切りといったペットの美容師として活躍している人々のことです。

このトリマーは主に、「ペット専用病院」「ペットの宿泊ホテル」「ペットサロン」「一般的なペットショップ」で活躍できる職業として最近、非常に人気です。とくに女性に人気なのが特徴です。

このペットトリマーは主に2つの資格があります。

  1. 「ドッグ・グルーミング・スペシャリスト(DGS)」
  2. 「キャット・グルーミング・スペシャリスト(CGS)」

これら「ドッグ・グルーミング・スペシャリスト(DGS)」や「キャット・グルーミング・スペシャリスト(CGS)」の資格はNPO法人日本動物衛生看護師協会で取得する事ができます。

他にも資格取得のために「専門学校」でも取れるコースがある学校があります。

但し、問題なのは人間の美容院のように資格がなければいけない職業ではありません。ペットの美容師(ペットトリマー)という資格は国家資格ではないので、いくつかの団体が、それぞれ独自に発行し、その資格を管理運営している状況です。

そのため、それぞれの団体によって、これらペットトリマーの資格の名称は違うことが一般的です。

また街中でペットサロンが増えてきているといっても、そこで働くペットトリマーの人々の給料は残念ながら高くはありません。

例えば、平均的な月給では、多くの場合、12万円〜15万円前後程度のところがほとんどです。
さらに、そこから社会保険料や年金、住民税などが差し引かれますから、手取り換算では10万円以下になることも珍しくありません。

しっかりと残業代が付く場合には、一人暮らしであれば何とかやっていけるレベルですが、
店長などの役職が付いた場合、残業代が付かず、日々の生活が大変といったことも・・・。

それでも、日本では、益々高齢化することに伴い、ペットを飼う世帯も増えてきていることから、需要が極端に減ってしまうことは考えられません。そして、今後、国家資格へと発展する可能性も充分に考えれます。

今から、資格を取得しておくと、将来、有望な資格に変化する可能性もあるわけです。

但し、元々、動物が好きで、将来は独立も考えているなら、苦労も平気かもしれませんが、カリスマ美容師のようになってお金も稼ぎたいといった考えている人には少し不向きかもしれません。