ナースフル

ペットセレモニー
     

メニュー

トップページ
お問い合せ
葬儀のご案内
葬儀費用
オプション
火葬の種類
準備
リンク
サイトマップ
犬猫大好きblog

営業のご案内

看護師転職サイトで口コミや評判が良いところってどこ?

今の給料が仕事の量に比べて安い気がする。多少の残業はしょうがないけど、サ ービス残業が多すぎてやる気が起きない・・・。職場の人間関係で悩んでいる。看護師の仕事は激務な上、夜勤などの交代制があるため 、不規則な生活になりやすく、年とともに疲れが取れにくくなります。

体を駆使しても、それだけの報酬の見返りがあれば、気に病む必 要もありませんが、幾ら頑張っても報酬で報われなければ、疲労も蓄積されやすくなります。そんなあなたにオススメなのが、転職です 。

でも、転職って難しいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、それは、自分ひとりで看護師として転職活動をすることは大変です。特に看護師としての仕事をしながら転職するのは至難の技です。なので、そのような場合、看護師専門の転職エージェントとして人気のナースフルを利用す るのが簡単です。

特にリクルートの看護師転職サイトのナースフルなら、高待遇、高収入が期待できるので、もし登録していないのなら 、必ず登録しておくことをオススメします。登録費用はかからず、もちろん無料。ナースフル(旧リクルートナースバンク)なら、求人 情報も多く、担当者のサポートも評判です。リクルートの看護師転職サイトのナースフルに実際に登録した体験者の感想や体験談、ナー スフルを徹底検証。

医療現場のブラック化は看護師の不適正な労働から

さまざまな職種の中でも、看護師という仕事は特殊で 勤務内容が過酷だと思われてもやむを得ないとされています。 ひとりの看護師が1ヶ月間勤務している時間は 全体の31.9%が72時間、17.3%が80時間という 調査結果が日本看護協会から出されました。

退職理由としては、やはり労働環境に関連しているケースがほとんどです。例えば ‘長い勤務時間’‘残業の多さ’‘夜勤時の体への負担’ となっています。 日本は高齢化社会が年々進んでいます。

しかし、それに反するように看護師の数は減ってきています。 2011年の看護師の数は141万人でした。 2025年には高齢化社会がピークとなるとされているのですが その時に必要となる看護師の数が何と195万〜205万人となるのです。 このままでは深刻な看護師不足が今から予想されているわけです・・・。つまり看護師の待遇が病院によっては益々悪くなってしまうケースが続出する可能性があるわけです。

この試算数は、厚生労働省による社会保障関連会議で出されました。 現在は60万人もの看護師不足とされているため、 年間で実に4万人も増やさなければならないことになるのです。 雇用する病院としても、人員が不足する事はとても深刻です。

そこで、新しい打開策を取り入れるようになりました。 例えば、短時間の勤務だったりフレックスタイムなどです。 2012年時点で50.2%となる病院がこの制度による 勤務体制での採用を実施しています。

その結果、病院で働いている看護師達の 離職する確率が下がっていくようになり、 退職率も2007年では12.6%、2011年に10.9%となりました。

また、日本看護協会としては経営管理をしていく為の ‘看護職における夜勤・交代勤務のガイドライン’を 設けています。 内容は次に挙げる11ポイントです。

1.勤務間隔は最低でも11時間以上空けること

2.拘束する時間は13時間以内

3.交代の勤務体制は月に8回以内にする

4.夜間勤務は連続でも2回までとする

5.連続する勤務の日数は5日以内にする

6.夜間勤務時は1時間以上の休憩 日勤の時は適度に休憩をする

7.夜間勤務中は仮眠する時間を連続して設ける

8.1度の夜間勤務をした後は1日以上、2回続く場合は 48時間以上の休みを取るようにする

9.月に一度は土日の前または後に休日とする

10.交代をする周期は正循環にする

11.早出する時の出勤時間帯は朝の7時以降とする

こうした指針を設定しなければ、 激務とされる看護業務のままで 改善されなかったはずです。 何よりも必要とされるのは質などではなく 看護師の人数を増やしていくことです。 しっかりと確保する事で自ずと質も上がっていきます。

医師だから、看護師だから、パイロット・CA... これらの職に就いているのだから致しかたないのだと考えていると、 そうした考え方こそがブラック企業が広がる要因となってしまいます。 医師や看護師という職業は人間の命を預かる 重要な役割を果たしてくれる職務なのです。 それゆえに健全とされる勤務体制を整えることが 大切なのだと言えるでしょう。

あなたの病院は大丈夫ですか?今、看護師は売り手市場です。今の内に少しでも給料や待遇の良い、病院に転職した方がお得かもしれません。

ブログ記事