ペットショップ

生き物がいないペットショップが増えている

ペットを飼いたいと思ったら、ペットショップに足を運ぶ人が多いのではないでしょうか。

ペットショップには、犬やネコ以外にもウサギやハムスター、インコ、デグー、金魚、熱帯魚、トカゲ、カメなど色々な種類や動物を扱っています。

ペットショップの中には、犬専門、ネコ専門、爬虫類専門、熱帯魚専門といった専門のお店もあります。 続きを読む

生体価格とは別になるパック料金

ペットショップで売られている犬やネコの価格を見ると、犬やネコの生体価格の他に○○パックの金額△△円が別途必要(税込み)です、と書かれていることが多いです。

このパックは、ワクチンの金額×回数、血統書、健康診断、マイクロチップなどペットショップが必要なモノで払った金額にペットショップが独自に設けている保険を含めた金額です。

パック料金が安いペットショップは、本当に必要最低限なワクチンの金額、血統書、健康診断、マイクロチップだけなので3万円強ですが、高いペットショップになると6万円近くすることもあります。

このパック料金は、犬やネコの生体価格に関係なく必要な金額です。 続きを読む

生後2ヶ月や3ヶ月の子犬や子猫の魅力

ペットショップに行くと、愛らしい表情とぎこちない動きで愛嬌を振りまいてくれる子犬や子猫たちが私たちを迎えてくれます。

ペットが好き、ペットを飼いたいと思っている人にとっては、その愛らしい表情と動きで思わず飼うことを決断してしまう人も多いのではないでしょうか。 続きを読む

新しく迎えるペットが健康かどうか?

色々なペットショップを巡りに巡って買ったペットだけど、お店にいた時からあまり元気がない感じがしたけど家に来たらもっと元気がなくなったから動物病院に連れて行ったら大きい病気になっていた、というトラブルのケースは珍しくありません。

この場合、迎える結末は大きく2つに分かれます。 続きを読む

子犬の子育ては簡単ではない

子犬といえば、小さくて可愛く人懐っこく、成犬と比較すると飼いやすいイメージがあるのではないでしょうか。

子犬だから散歩に行かなくてもいい、遊びたい盛りだから子供たちの良い遊び相手になってくれる、躾がしやすい、という考えを持っている人も多い様ですが、それは必ずしも正しい情報ではありません。

ペットショップで見かける子犬は、好奇心が旺盛でとても可愛いです。

人が近くに来ると尻尾を振って喜んでくれるので、思わず新しい家族として迎え入れたい気持ちになってしまいます。

特に大人よりも子供は、そういう思いが強いと思います。

しかし子犬は、生後何ヶ月経過してくるかによって、飼い主側の負担も違ってくれば飼い方も違います。 続きを読む

里親探しをするペットショップが増加傾向

日本では毎年、罪もないイヌやネコたちが無責任な人間のせいで何万匹と殺処分されています。

殺処分されているイヌやネコたちの中には、野良ではなくペットとして飼われていた子も少なくありません。 続きを読む

ペットにとって新しい環境はストレスだらけ

ペットショップで一目惚れをして、新しい家族が増えた家庭も多いのではないでしょうか。

子供のクリスマスプレゼントに、子供が巣立ちして寂しい思いを埋めるために、新しい家族が増える理由は人によって違います。

我が家に来て、楽しい時間を過ごせると思っていたのに思っていたのと全然違った、ペットショップで見た時とペットのイメージが全然違う、という場面に出くわしてあたふたしているヒトも多いのではないでしょうか。 続きを読む

ペット業界の新たなるサービス

日本でのペット市場、ペット産業はまだまだ発展途上国の分野とも言えます。

ペット医療の技術が進歩し続けていること、ペットが高齢化になっていること、ペットを家族だと思って大切に可愛がってくれるヒトが増えているコトなど、ペット業界にとってはありがたいことです。

しかし、今までペットを飼ったことがないヒトからすれば、初めてペットを飼うのは大冒険です。

なぜならペットにも性格や特徴、クセが人間の様にあります。 続きを読む

新しい家族を迎えるために大切なコト

新年を迎えたコトで、新しい家族を迎えようとペットショップに新しい家族を探しにいく家族も多いです。

4月から学校に通い始めて子供が生活に慣れて来たことでもう少し責任の持てる生活を送らせてあげたい、命の尊さを学ばせてあげたい、など色々な理由でペットを飼うコトを決める家庭は多いです。

新しい家族としてペットを迎えることは、ペットショップで販売されているペット達にとって幸せなのかもしれません。 続きを読む

死を見つめているペットたち

ペットショップには色々な種類の数多くの子犬や子猫が販売されています。

販売価格はペットショップの規模や地域、人気種類によって違ってきます。

子犬や子猫の中には、販売価格が30万円以上する様なペットもいれば、大きくなったコトが理由で5万円程度の価格で販売されているペットもいます。

人気がある種類になれば、ペットショップの大半を占めて販売されているケースも珍しくありません。 続きを読む