ペット

長期休暇によるペットの体調不良に要注意

2019年のゴールデンウィークは天皇の退位と新天皇の即位と言う異例のイベントがあったために、ヒトによっては10連休という超大型連休でした。

気になるゴールデンウィークのお天気は、前半が曇りや雨、後半がほぼ晴れとお天気が分かれました。

更には、前半は少し肌寒さがあったものの後半は一気に最高気温が30℃弱まで一気に上がり、後半は夏日の様な暑さの所が多かったです。 続きを読む

ペット先進国として遅れている日本の動物愛護センター

日本では空前のペットブームです。

人気が高いのは犬やネコです。

今までは犬とネコでは、犬の方がネコよりも売上数が大きかったのですが、ここ最近はネコが犬を追い抜きネコの時代がやってきました。

http-::www.pet-sousai.com:-2

ペットの売上数は、多頭飼いをするヒトが増えたこともあり、減少するどころか逆に伸びているのです。

ペットの売上数が伸びている一方で、捨てられているペットの数も増えているのです。 続きを読む

ペットに必要な経費はどれくらい?

kayla-farmer-750560-pet-sousai.com

甘えてくる犬の姿はとても愛しいものです。
家族の一員に迎えてあげると経費が掛かります。
予防接種・ペットフード・病院代・トリミング等です。

年間でどれくらいになるのか把握する必要があるのです。
現在ペットを飼っている方もいるかと思います。

また、今から飼おうかという方もいるはずです。

アニコム損害保険ではある発表をしました。
『2017年ペットに掛ける年間支出調査』です。
ここからペットの必要経費を見ていきます。
続きを読む

ペットからの恩恵

ペット大国と言われている日本では、子供の数をペットがついに追い抜いたのです。

犬とネコの数だけで子供の数を追い抜いているのですが、そこの小動物のハムスターやウサギ、フェレット、鳥などのインコやオウムなどの数を合わせると、その数は膨大になります。

http-::www.pet-sousai.com:-2

犬やネコを飼う家庭数が増えたのは、ペット可の物件が増えたことや犬やネコを家畜動物ではなくペットとして飼う人が増えたからです。 続きを読む

日本でいちばん有名な?デグーこむぎくんの悲報

みなさんは、『デグー』という生き物をご存知でしょうか?

www.pet-sousai.com-3

『デグー』は、デグー科に属する齧歯類(げっしるい)です。

『デグー』の体調はネズミサイズで12cmから20cmくらいの小さな生き物で重さも350gととても小さく、特徴として尻尾が長く、脚力もそこそこあり、ジャンプ力があります。

キレイ好きな生き物で体をキレイにするために毛繕いや砂浴びを好み、糞尿の臭いも少なく体臭もあまりありません。 続きを読む

ペットを連れての年末年始の移動

ペットを飼っている人にとって年末年始は、ペットを預かってくれる所がほとんどお休みなので、ペットを連れて一緒にでかけるか、あえて出かけないかの2択になってしまうことが多いです。

http-::www.pet-sousai.com:blog:wp-login.php-1

普段であれば、ペットを預かってくれるペットホテルや動物病院もあるのですが、年末年始は多くのお店や動物病院もお休みとなってしまうので預かってくれる所がほとんどありません。

ペットを連れて一緒に外出をするとなれば、色々と準備が必要になります。 続きを読む

生き物がいないペットショップが増えている

ペットを飼いたいと思ったら、ペットショップに足を運ぶ人が多いのではないでしょうか。

ペットショップには、犬やネコ以外にもウサギやハムスター、インコ、デグー、金魚、熱帯魚、トカゲ、カメなど色々な種類や動物を扱っています。

ペットショップの中には、犬専門、ネコ専門、爬虫類専門、熱帯魚専門といった専門のお店もあります。 続きを読む

ペットの幸せとは?

『ペットの幸せ』とはなんでしょうか?

飼い主と毎日一緒に過ごせる時間があること?

美味しいフードを食べるコトができること?

家の中で自由にできること?

飼い主がオヤツをたくさんくれること?

吠えても飼い主が怒らないこと?

散歩に連れて行ってもらえること?

『ペットの幸せ』について、考え方は飼い主や環境によっても違ってきます。 続きを読む

ペットの性格は大人になってからでも変わる

 

人間にも性格があるように、犬やネコ、ウサギなどのペットにも性格があります。

同じ犬種やネコ、ウサギを飼っても1番目のペットと2番目のペットの性格が真逆ということは珍しいことではありません。

1番目のペットは大人しくて人に懐いていて人当たりも良くてカワイイ性格をしていても、2番目のペットがそうとは限りません。

2番目に飼ったペットは、よく吠えて恐がりで人になかなか慣れなくて家族でも触ることができる家族と触ろうとすると噛み付こうとするペットもいます。

そういうペットに当たってしまうと、このペットが可愛くない性格をしている、この子はハズレだった、と諦めてしまうケースが多いです。 続きを読む

幼い子供とペットのトラブル

事故とは、予期もせぬ形で起こることがほとんどです。

そして、その事故は防ぐことができたかもしれない事故の可能性もあります。

小さな子供を連れて、友達の家にお邪魔をする時は気を付けることがあります。

それは、お邪魔先の家にペットがいる場合です。 続きを読む