ドックフード

体質に合わないドッグフードもある

人間にも食べ物の相性があります。

海の幸である牡蠣もそのひとつです。

牡蠣を食べて嘔吐下痢の症状を引き起こしたヒトの50%は牡蠣を食べるコトができなくなってしまいます。

なぜなら牡蠣中毒になってしまうからです。

牡蠣中毒になってしまうと、牡蠣の良し悪しに関係なく食べる度に食中毒の様な症状を起こしてしまいます。 続きを読む

種類が豊富なドッグフード

 

ペットの病気が人間と変わらない様な高度医療を必要とするケースが増えています。

ペットの寿命が長くなったことや医療の技術が進歩したこと、ペットの食事が変化していることです。

犬のドッグフードと言えば白い犬が舌なめずりしているデザインの『ビタワン』が主流でした。

価格も安くホームセンターなどでも販売しているから購入しやすいのですが、袋から中身を取り出してみるとドッグフードという感じのフードです。

そのため『ビタワン』を主食としている飼い主の中には、あまり美味しそうなフードではないけどドッグフードと言えばこれしかないから、と仕方なく与えている飼い主が多かったです。

ところが、今のドッグフードは種類が半端ないです。 続きを読む

主食となるドックフード選びの難しさ

犬を飼っている人なら最近のドッグフードを見ると、思わずため息が出てしまうのではないでしょうか。

なぜならドッグフードの種類が昔とは違い、色々なメーカーからたくさん出ているからです。

日本のメーカーだけでなく海外から輸入しているものを含めると、その数は数えきれないほどあります。

ドッグフードは、大きく分けると1歳までの子犬用、1歳から7歳までの成犬用、7歳以上からのシニア犬用の3つに分けることができます。

しかし7歳以上のシニア犬用は、メーカーによっては7歳から10歳までのシニア犬用、10歳以上のスーパーシニア犬用というモノもあります。 続きを読む