ペットの往診医療技術も進歩している

ペットの高齢化や大型犬を飼う人が増えたコトで、獣医の中にも往診対応をする動物病院が年々、増加傾向にあります。

特に古くからある動物病院よりも最近新しくできた動物病院の方が往診対応をしている所がほとんどです。

往診対応をすることで、お客さんをゲットしたいという思いもありますが、病気の状態やペットの家庭環境によっては、動物病院に連れてくるのが難しいという患者も多いからです。

人間が長生きする様になったこととペットの寿命も延びているという点から老人が老犬の介護や看病しているケースも珍しくありません。 続きを読む

イヌやネコ以外のペットがブーム?!

ペットと言えば、イヌやネコが一般的でメジャーとも言えます。

しかし、ペットはイヌやネコだけではありません。

イヌ、ネコに続いて人気が高いのが、ウサギやハムスター、フェレットです。

ウサギやハムスターが人気があるのは、室内で飼うことができイヌの様に散歩の手間がないコト、鳴かないコトが理由です。 続きを読む

死期迫るとき決断することができますか?

生きているモノに対して平等に訪れるのが、死です。

死の訪れは突然で、時として残酷な訪れ方をすることも珍しくありません。

それは、ペットも同じです。

ペットもケガをすることもあれば、病気にもなります。 続きを読む

新しい家族を迎えるために大切なコト

新年を迎えたコトで、新しい家族を迎えようとペットショップに新しい家族を探しにいく家族も多いです。

4月から学校に通い始めて子供が生活に慣れて来たことでもう少し責任の持てる生活を送らせてあげたい、命の尊さを学ばせてあげたい、など色々な理由でペットを飼うコトを決める家庭は多いです。

新しい家族としてペットを迎えることは、ペットショップで販売されているペット達にとって幸せなのかもしれません。 続きを読む

ペットに二次利用されている人間用の医療器械や器具

ペット用品に人間用の医療業界で使用されている素材や器具などを採用して商品化した商品が増えています。
また、人間の医用器具として使用していた物を、ペットにも使える様にして二次利用している医療器械も増えています。
例えば、以前病院で使用されていた未熟児を保育するプラスッチックの機械を二次利用して、ペットの酸素ルームとしてレンタルや販売などしています。
人間用に使われていた医療機械をペットに用いているのは、人間用の医療機械は高度化して新しいモノが採用されていて、まだ使えるのを廃棄処分するのは勿体ないからということで、キチンと除菌、クリーニングした上でペットでも使える様に手を施しています。 続きを読む

死を見つめているペットたち

ペットショップには色々な種類の数多くの子犬や子猫が販売されています。

販売価格はペットショップの規模や地域、人気種類によって違ってきます。

子犬や子猫の中には、販売価格が30万円以上する様なペットもいれば、大きくなったコトが理由で5万円程度の価格で販売されているペットもいます。

人気がある種類になれば、ペットショップの大半を占めて販売されているケースも珍しくありません。 続きを読む

ペットが行方不明になったらどうすべき?

電信柱や掲示板などに「イヌを探しています」「ネコを探しています」と書いて貼ってあるチラシを一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?

インターネットに掲示板でも、迷いイヌや迷いネコのサイトはたくさんあります。

運悪くイヌが開いてるポーチから出て行ってしまって帰って来ない、花火の音にビックリして人混みの中に消えていってしまった、などの理由で家族の一員であるペットがいなくなってしまうことがあります。 続きを読む

種類によって発症しやすい病気が分かるペットたち

人間が病気になる様にイヌやネコも病気になります。

病気になれば、人間同様治療が必要となり、病気によっては人間と同じ様な高度医療や高度な医療機器が必要になることも珍しくありません。

また、治療をしたとしても完治することが難しく、対症療法で治療していくしかないケースも珍しくありません。

何度かイヌやネコを飼ったことがある人なら経験上分かるかもしれませんが、初めてイヌやネコを飼った人は病気のコトを知らない人も多いです。 続きを読む

サービスエリアに増え続けているドッグラン

真夏の暑さがなくなり、秋らしい涼しいお天気に恵まれると、ペットと一緒に出かけたり旅行をする人が増えています。

夏はエアコンを入れていても車内も暑く、外も暑いので下手に歩かせてしまうと肉球を火傷してしまう恐れがあるので、ペットをペットホテルや自宅でお留守番をさせたり、飼い主が旅行を自粛していたりする人も多いです。

ペットと一緒に紅葉を見に行く人も多いため、高速道路のサービスエリアでもペット連れをターゲットにして色々と工夫をしている所も年々、増えています。 続きを読む

痴呆症のネコの夜鳴き。どう解決すべき?

ペットの治療も人間並みに高度医療の技術が用いられているため、ペットの寿命も年々伸びて来ている。

特にネコは室内飼いが増えて外に出ることもなく、野鳥やネズミを捕まえるコトも減り、飼い主がネコの予防接種をキチンと行うことによって、ネコの寿命は従来よりも遥かに長くなった。

今のネコ達は長寿となれば20歳を軽々と越えている。

ネコの年齢を人間の年齢に置き換えてみると、100歳を越えている。 続きを読む