不在時でもペットを自宅でお留守番できるサービスとは

人間の高齢化に伴い、ペットも高齢化しています。

ペットが高齢化すると、旅行などでペットホテルに預けようと思ったり、グルーミングに出そうとしても断られるケースが増えます。

ペットが高齢化すると、ストレスなどが原因で病気を発症したり体調を崩したりするリスクが増えてしまうので、ショップ側としては万が一の事態を考えて断ります。 続きを読む

犬の介護は想像以上の大変さがある

人間よりもペットの介護は楽、大型犬よりも小型犬の介護の方が苦労は少なそう、と言われますが実際は違います。

ペットと人間の両方の介護の経験がある人からすれば、人間よりもペットの介護の方が何十倍も大変だった、と言います。

その理由はなぜでしょうか。 続きを読む

高度化するペットの医療機器

ペット産業は今では日本で1丁兆円産業とも言われる程、ペット商品やグッズ、ペットに関連するサービスが拡大しています。

その中でも拡大しているサービスが老犬や老ネコの介護商品やサービスです。

一方、動物病院や獣医に向けて拡大しているサービスが、ペット専用医療機器の高度精密化した医療機器です。

意外なコトにこの2つは大きく影響しあっている関係と言えます。

続きを読む

最愛のペットとの思い出を形にしてみませんか?

ペットは癒し的存在であり、家族でもあり、子供でもあります。

私たちの様に言葉でのコミュニケーションはできませんが、飼い主の気持ちを悟って辛い時や悲しい時は側にいて慰めてくれて、嬉しかったことがあった時は一緒に喜びを味わいました。

人生の一部を一緒に過ごして来た大事で大切な存在です。

人間よりも遥かに寿命は短く、ペットと暮らせる時間は人生と比較すれば一瞬の出来事なのかもしれません。

続きを読む

我が人生に悔いはニャい

たま駅長って知っていますか?

たま駅長は三毛猫で、1999年から2015年まで和歌山県現在紀の川市の和歌山電鐵(わかやまでんてつ)で貴志(きし)川線の貴志駅で駅長を務めていました。

たま駅長は、同駅の売店の飼い猫ではありますが、貴志川線の赤字を解消するために招き猫として採用されました。

続きを読む

本格的な暑さが来る前に対策をしましょう

ペットにとって夏は、人間と同じ様に厳しい季節です。

特に猛暑、酷暑となってから、人間だけでなくペットも熱中症で動物病院に駆け込んでくる飼い主が急激に増加します。

中でも多いのが仕事に行っている間、部屋のエアコンを付けていなかったと言う人がほとんどです。

その次に多いのが、自動車でドライブなど長距離を移動していた時にお昼を食べるために30分だけペットを車内に置いていた、という理由です。 続きを読む

無秩序と呼べる日本のペット化社会

日本はペット化社会と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

イギリスやアメリカもペット化社会と呼ばれています。

ところが、日本とは違いイギリスやアメリカでは飼い主の責任、義務がしっかりとハッキリと明確化されています。

そのため飼い主は自分が飼っているペットでトラブルが起きない様にキチンとしつけをしています。 続きを読む

初めてペットを飼う人に理解してもらいたいこと

新生活を始めたヒトも5月が過ぎると新しい生活や生活リズムに慣れてきます。

新しい生活に慣れてくると、ペットでも飼いたいなっという気持ちが芽生えてきます。

特に独り暮らしを初めてした人は、最初は独り暮らしをすることが楽しく思えていたのに、仕事から帰って来た時に誰も出迎えてくれないことを寂しく感じる様になるコトが増えます。 続きを読む

ペット用酸素ハウスとは?

人間の医療に高度技術が用いられてきている中、ペットの医療も人間までとはいかなくても大きな変化が起きています。

ペットの病気が人間同様のガンや糖尿病、膠原病など病気の治療が難しくなるにつれ、自宅でも看病が必要になってきます。

中でも今、ペットを飼っている家庭から年々、需要が増えて来ているのがペット用酸素ハウスです。 続きを読む