日本でもペットが財産を相続できる様になる?

海外では、自分が可愛がっていたペットに財産を相続させることができます。

人間の子供が存在していても、遺言書に明記されていれば海外では人間の子供ではなく、ペットに全財産が相続されます。

ペットよりも飼い主が先に亡くなってしまうのは、ペットにとってはとても残酷なコトです。 続きを読む

ペットのために快適な室温を

犬、ネコだけに限らずペットも気候の変化には弱い生き物です。

特に病気をしていたり、繊細な神経だったりすると、気圧が下がったりする気圧の変更だけでも体調に大きな影響を与えてしまいます。

気候や気圧の変化は飼い主にも獣医にもどうすることもできません。

そのため、病気を抱えている場合だと、病気が悪化しないか飼い主はハラハラしなくてはいけません。 続きを読む

ペットロスになってしまったら

ペットは単なる家畜動物ではありません。

家族であり、恋人でもあり、子供でもあります。

だからこそ、失った時の悲しみや辛さは、その人にしか分からないのです。

ペットロスという言葉を聞いたことがあると思います。 続きを読む

動物愛護週間だからこそ見直そうペットの命と心

10月は、動物愛護週間です。

動物愛護週間の関係で、動物園や動物愛護センター(保健所)などで動物愛護フェスティバルが全国各地で開催されます。

無料のペット飼育相談やしつけ教室、子犬や子猫の里親探し、普段は触ることができない小動物のふれあいコーナーなど色々な企画が開催されます。 続きを読む

不在時でもペットを自宅でお留守番できるサービスとは

人間の高齢化に伴い、ペットも高齢化しています。

ペットが高齢化すると、旅行などでペットホテルに預けようと思ったり、グルーミングに出そうとしても断られるケースが増えます。

ペットが高齢化すると、ストレスなどが原因で病気を発症したり体調を崩したりするリスクが増えてしまうので、ショップ側としては万が一の事態を考えて断ります。 続きを読む

犬の介護は想像以上の大変さがある

人間よりもペットの介護は楽、大型犬よりも小型犬の介護の方が苦労は少なそう、と言われますが実際は違います。

ペットと人間の両方の介護の経験がある人からすれば、人間よりもペットの介護の方が何十倍も大変だった、と言います。

その理由はなぜでしょうか。 続きを読む

高度化するペットの医療機器

ペット産業は今では日本で1丁兆円産業とも言われる程、ペット商品やグッズ、ペットに関連するサービスが拡大しています。

その中でも拡大しているサービスが老犬や老ネコの介護商品やサービスです。

一方、動物病院や獣医に向けて拡大しているサービスが、ペット専用医療機器の高度精密化した医療機器です。

意外なコトにこの2つは大きく影響しあっている関係と言えます。

続きを読む

最愛のペットとの思い出を形にしてみませんか?

ペットは癒し的存在であり、家族でもあり、子供でもあります。

私たちの様に言葉でのコミュニケーションはできませんが、飼い主の気持ちを悟って辛い時や悲しい時は側にいて慰めてくれて、嬉しかったことがあった時は一緒に喜びを味わいました。

人生の一部を一緒に過ごして来た大事で大切な存在です。

人間よりも遥かに寿命は短く、ペットと暮らせる時間は人生と比較すれば一瞬の出来事なのかもしれません。

続きを読む

我が人生に悔いはニャい

たま駅長って知っていますか?

たま駅長は三毛猫で、1999年から2015年まで和歌山県現在紀の川市の和歌山電鐵(わかやまでんてつ)で貴志(きし)川線の貴志駅で駅長を務めていました。

たま駅長は、同駅の売店の飼い猫ではありますが、貴志川線の赤字を解消するために招き猫として採用されました。

続きを読む