良い動物病院を見つけるには?

人間と同じようにペットも病気をします。

しかし、ペットの場合、治療費や薬代などは病院ごとに金額が違います。

初診料が500円の動物病院もあれば、初診料が1000円の動物病院もあります。

同じ薬でも1000円で処方してくれる動物病院もあれば、2000円で処方している動物病院もあります。

安くても設備や獣医師の腕前が良い動物病院もあれば、高いのに設備はイマイチで獣医師の腕前がビミョーという動物病院もあります。

ペットにとって良い動物病院を見つけてあげることが、ペットのストレスや負担を減らすことにつながり、必要以上の治療をしないので飼い主の費用の負担を減らすことにもなります。

しかし、スグスグに良い動物病院が見つかるというわけではありません。 続きを読む

ペット保険は加入すべき?すべきでない?

ペットも人間と同様にケガをすることがあれば病気にもなります。

種類によっては、なりやすい病気やなりにくい病気があるので、ペットを飼う前にその種類になりやすい病気があるのか調べておくことをオススメします。

ペットが病気になったら治療費が必要になりますが、ペットの場合は人間のような健康保険がありません。

しかし、任意で加入できるペット保険があるので、ペット保険に加入をして万が一に備えることで飼い主にとって負担が違ってきます。

ペット保険の金額は、種類や年齢、マイクロチップの装着状態などによって金額が違ってきます。 続きを読む

トラブルが絶えないペットの鳴き声

ペットの鳴き声が原因のトラブルは、ペットを飼う家庭が増えたコトもあり増加傾向にあります。

しかし、ペットの鳴き声に関しては子供の声と同様で永遠の課題と言っても過言ではありません。

ペットが好きな人や飼っている人からすればペットが鳴くのは当たり前で、多少の鳴き声は仕方がないと思っています。

しかしペットが嫌いな人からすれば、ちょっとした鳴き声でもウルサイ、人に対しての躾ができていないと思われがちです。 続きを読む

生体価格とは別になるパック料金

ペットショップで売られている犬やネコの価格を見ると、犬やネコの生体価格の他に○○パックの金額△△円が別途必要(税込み)です、と書かれていることが多いです。

このパックは、ワクチンの金額×回数、血統書、健康診断、マイクロチップなどペットショップが必要なモノで払った金額にペットショップが独自に設けている保険を含めた金額です。

パック料金が安いペットショップは、本当に必要最低限なワクチンの金額、血統書、健康診断、マイクロチップだけなので3万円強ですが、高いペットショップになると6万円近くすることもあります。

このパック料金は、犬やネコの生体価格に関係なく必要な金額です。 続きを読む

生後2ヶ月や3ヶ月の子犬や子猫の魅力

ペットショップに行くと、愛らしい表情とぎこちない動きで愛嬌を振りまいてくれる子犬や子猫たちが私たちを迎えてくれます。

ペットが好き、ペットを飼いたいと思っている人にとっては、その愛らしい表情と動きで思わず飼うことを決断してしまう人も多いのではないでしょうか。 続きを読む

ワンコの社会性とは?

ペットの多くは、ほとんどが社会性がある動物です。

イヌやウサギは群れで生活する生き物なので、フレンドリーなので飼いやすいです。

ところがイヌを飼っている家庭の多くは、ある悩みを抱えていることが多いです。

その悩みとは、飼っているイヌが散歩や外出で出かけた時に他のイヌに対して吠えたりして仲良く出来ないということです。

日本では空前のペットブームの到来で、ワンコと一緒に過ごせるカフェや飲食店が増えました。

最近ではGWなどの長期休暇にはペット同伴で遠出する人も多いです。

そのため、他のイヌと合う率が非常に高いです。 続きを読む

シビアなペットの手作り食

ペットを飼っている人にとって悩みなのがフード選びです。

そのフードだけしか食べない子もいれば、飽き症がヒドくて何種類もフードを購入してローテンションにしたら何とか食べてくれる子もいます。

しかし、人間の食べ物やオヤツを与えすぎて、本来であればフードを食べなくてはいけないのにフードを全く食べないという子もいます。

フードを全く口にしない場合、手作り食という手段もあります。 続きを読む

ペットもペットロスになる

この度の平成28年度熊本地震により被災に合われた方々や

被災地にご家族や友人のおられる方々に心よりお見舞い申し上げます。

また多くのペットも被災しており、飼い主や家族と離れて暮らしているペットもいます。

1日も早く飼い主や家族と暮らせるコトを心より願っております。

ペットが亡くなったコトでペットロスになってしまう飼い主はたくさんいます。

しかし、ペットロスになるのは、人間だけではありません。

多頭飼いをしている家では、ペットが亡くなったコトでペットがペットロスになることがあります。

親子や兄弟に限らず、一緒に暮らしていたペットが亡くなってしまったことでペットも寂しさや孤独感からペットロスになってしまいます。 続きを読む

新しく迎えるペットが健康かどうか?

色々なペットショップを巡りに巡って買ったペットだけど、お店にいた時からあまり元気がない感じがしたけど家に来たらもっと元気がなくなったから動物病院に連れて行ったら大きい病気になっていた、というトラブルのケースは珍しくありません。

この場合、迎える結末は大きく2つに分かれます。 続きを読む

子犬の子育ては簡単ではない

子犬といえば、小さくて可愛く人懐っこく、成犬と比較すると飼いやすいイメージがあるのではないでしょうか。

子犬だから散歩に行かなくてもいい、遊びたい盛りだから子供たちの良い遊び相手になってくれる、躾がしやすい、という考えを持っている人も多い様ですが、それは必ずしも正しい情報ではありません。

ペットショップで見かける子犬は、好奇心が旺盛でとても可愛いです。

人が近くに来ると尻尾を振って喜んでくれるので、思わず新しい家族として迎え入れたい気持ちになってしまいます。

特に大人よりも子供は、そういう思いが強いと思います。

しかし子犬は、生後何ヶ月経過してくるかによって、飼い主側の負担も違ってくれば飼い方も違います。 続きを読む