未分類

ペットの幸せとは?

『ペットの幸せ』とはなんでしょうか?

飼い主と毎日一緒に過ごせる時間があること?

美味しいフードを食べるコトができること?

家の中で自由にできること?

飼い主がオヤツをたくさんくれること?

吠えても飼い主が怒らないこと?

散歩に連れて行ってもらえること?

『ペットの幸せ』について、考え方は飼い主や環境によっても違ってきます。 続きを読む

ペットの性格は大人になってからでも変わる

 

人間にも性格があるように、犬やネコ、ウサギなどのペットにも性格があります。

同じ犬種やネコ、ウサギを飼っても1番目のペットと2番目のペットの性格が真逆ということは珍しいことではありません。

1番目のペットは大人しくて人に懐いていて人当たりも良くてカワイイ性格をしていても、2番目のペットがそうとは限りません。

2番目に飼ったペットは、よく吠えて恐がりで人になかなか慣れなくて家族でも触ることができる家族と触ろうとすると噛み付こうとするペットもいます。

そういうペットに当たってしまうと、このペットが可愛くない性格をしている、この子はハズレだった、と諦めてしまうケースが多いです。 続きを読む

食べ物がない動物の元凶は人間

野生のイノシシやサル、クマといった山での生活をしている動物が住宅街に降りてくると大きな騒ぎになります。

警察のパトロールが増えたり、小学生の子供たちは集団での登下校になったり、毎日の日々を警戒しながら過ごさなくてはいけなくなります。 続きを読む

幼い子供とペットのトラブル

事故とは、予期もせぬ形で起こることがほとんどです。

そして、その事故は防ぐことができたかもしれない事故の可能性もあります。

小さな子供を連れて、友達の家にお邪魔をする時は気を付けることがあります。

それは、お邪魔先の家にペットがいる場合です。 続きを読む

シニアになったペットのサインをみつけよう

ペットが高齢化するに伴って飼い主も年をとります。

子供が小学校に入学したお祝いで新しい家族になったペットも子供が中学校を卒業するときは9歳で、もう立派なシニア犬です。

犬種や種類によって犬の年齢の感じ方も違ってきます。 続きを読む

ペットの命を重く感じない日本人

日本でも、飼い主によって捨てられた可哀想なイヌやネコはたくさんいます。

従来では、イヌやネコが毎日何匹も処分されており、1年間を通じると数万匹のイヌやネコが保険所で最期を殺されたくないにも関わらず殺されていたのです。

それらは、全て人間が招いた結果でしかないのです。

テレビのコマーシャルに出ていたペットがカワイイからと勢いで飼ったものの実際は病院代や食事代、健康管理などにお金がかかり、思っていたよりも面倒なんて自分勝手な理由でそのペットをゴミを捨てる様に捨てているヒトがたくさんいました。 続きを読む

犬に洋服を着せるのはケースバーイケース

過去最大級と呼ばれるほど、大きな寒波が襲来したことで、寒い思いをしているのは人間だけではありません。

毛皮を着ているペットも同じ様に寒い思いをしています。

特に散歩を必要とする犬を飼っていると、散歩が出来そうであれば寒くても散歩に行っている飼い主は多いです。 続きを読む

動物病院に行くタイミングとは?

 

ペットを飼っている人にとって重要なのは、かかりつけの動物病院をドコにするのか、というコトです。

ペットは、私たち人間の様にココが調子が悪い、アソコが痛いと言ってくれず、中にはギリギリまで我慢するペットもいます。

本来であれば、飼い主がペットの異常に気づいてあげなくてはいけないのですが、目で見てスグに分かる様な異常が出ていないと、気付きにくいです。 続きを読む

ケンタッキーの骨は犬には危険

 

クリスマスといえば、日本ではケンタッキーの売上げが1年の中でいちばん多い日です。

クリスマスの日は、予約のないお客さんには販売ができないという店舗も出てくる位、ケンタッキーを買いにくるヒトがとても多いです。

普段はケンタッキーを食べないという人でも、クリスマスだけはケンタッキーを食べるというヒトもいるくらいです。

そのケンタッキーはヒトがニオイを嗅いでも美味しそうなニオイがするだけのこともあって、嗅覚が優れているイヌからすればもっと美味しそうなニオイがするのです。 続きを読む