未分類

ペットの命を重く感じない日本人

日本でも、飼い主によって捨てられた可哀想なイヌやネコはたくさんいます。

従来では、イヌやネコが毎日何匹も処分されており、1年間を通じると数万匹のイヌやネコが保険所で最期を殺されたくないにも関わらず殺されていたのです。

それらは、全て人間が招いた結果でしかないのです。

テレビのコマーシャルに出ていたペットがカワイイからと勢いで飼ったものの実際は病院代や食事代、健康管理などにお金がかかり、思っていたよりも面倒なんて自分勝手な理由でそのペットをゴミを捨てる様に捨てているヒトがたくさんいました。 続きを読む

犬に洋服を着せるのはケースバーイケース

過去最大級と呼ばれるほど、大きな寒波が襲来したことで、寒い思いをしているのは人間だけではありません。

毛皮を着ているペットも同じ様に寒い思いをしています。

特に散歩を必要とする犬を飼っていると、散歩が出来そうであれば寒くても散歩に行っている飼い主は多いです。 続きを読む

動物病院に行くタイミングとは?

 

ペットを飼っている人にとって重要なのは、かかりつけの動物病院をドコにするのか、というコトです。

ペットは、私たち人間の様にココが調子が悪い、アソコが痛いと言ってくれず、中にはギリギリまで我慢するペットもいます。

本来であれば、飼い主がペットの異常に気づいてあげなくてはいけないのですが、目で見てスグに分かる様な異常が出ていないと、気付きにくいです。 続きを読む

ケンタッキーの骨は犬には危険

 

クリスマスといえば、日本ではケンタッキーの売上げが1年の中でいちばん多い日です。

クリスマスの日は、予約のないお客さんには販売ができないという店舗も出てくる位、ケンタッキーを買いにくるヒトがとても多いです。

普段はケンタッキーを食べないという人でも、クリスマスだけはケンタッキーを食べるというヒトもいるくらいです。

そのケンタッキーはヒトがニオイを嗅いでも美味しそうなニオイがするだけのこともあって、嗅覚が優れているイヌからすればもっと美味しそうなニオイがするのです。 続きを読む

ペットの形をしたペット型ロボットの需要

動物が好き、ペットが好きだからイヌを飼いたい、ネコを飼いたい、と思ってはいるけど実際は飼っていないという人はたくさんいます。

ペットを飼いたいけど飼っていないヒトに理由を聞いたら、住んでいる家が賃貸でペットが禁止という理由が多く、次に独り暮らしだからペットに何かあった時にペットのそばにいてあげれない、自分の年齢がもう若くないから自分が死んだらペットの引き取り手がない、ペットが死ぬことが辛い、という理由も少なくありません。

賃貸はペットの問題と言うよりも環境の問題に近いと言えますが、それ以外の理由はペットの命を重点に考えていると言えます。

ペットも生き物なので病気になることは当たり前です。 続きを読む

命に対する考え方が異なる飼い主たち

ペットの健康を管理するのは飼い主の責任でもあり義務でもあります。

飼い主の責任と言っても、考え方はヒトによって違います。

ペットの飼い方の本を何冊も読んで、インターネットで飼い方を調べて、分からないコトがあればインターネット上の掲示板で相談してアドバイスを聞いてそのペットに適した飼い方をしようとする飼い主もいれば、ペットショップで購入するまえにそのペットが飼いやすいかというコトを聞いてペットショップのスタッフに言われたモノを全て購入してスタッフに言われた飼い方をしている飼い主もいます。 続きを読む

長生きするネコが増えたのはなぜ?

ネコの寿命が今、急激に伸びていることをご存知でしょうか。

20歳を超えているネコを飼っている飼い主はとても多いです。

ネコの寿命が急激に伸びたのは、ネコに対する飼い主の考え方が変わったからです。

少し前までは、家で飼っているネコでも部屋の中と外を自由に行き来できるようにしていた家庭がほとんどでした。

ところが最近のネコは違います。

室内で飼われているネコを外に全く出さないと言う飼い主が急激に増えました。 続きを読む

ペットによっては寒さに弱い種類もいる

イヌやネコの大半は、毛皮を身につけています。

品種によっては、毛がない種類もいます。

そのためイヌやネコは毛皮があるから寒さに強いと思っているヒトも少なくありません。

しかし実際は、毛皮があっても寒さに弱い種類もいます。 続きを読む

体質に合わないドッグフードもある

人間にも食べ物の相性があります。

海の幸である牡蠣もそのひとつです。

牡蠣を食べて嘔吐下痢の症状を引き起こしたヒトの50%は牡蠣を食べるコトができなくなってしまいます。

なぜなら牡蠣中毒になってしまうからです。

牡蠣中毒になってしまうと、牡蠣の良し悪しに関係なく食べる度に食中毒の様な症状を起こしてしまいます。 続きを読む

種類が豊富なドッグフード

 

ペットの病気が人間と変わらない様な高度医療を必要とするケースが増えています。

ペットの寿命が長くなったことや医療の技術が進歩したこと、ペットの食事が変化していることです。

犬のドッグフードと言えば白い犬が舌なめずりしているデザインの『ビタワン』が主流でした。

価格も安くホームセンターなどでも販売しているから購入しやすいのですが、袋から中身を取り出してみるとドッグフードという感じのフードです。

そのため『ビタワン』を主食としている飼い主の中には、あまり美味しそうなフードではないけどドッグフードと言えばこれしかないから、と仕方なく与えている飼い主が多かったです。

ところが、今のドッグフードは種類が半端ないです。 続きを読む