女性を愛している男性の行動

model-1246028_pet-sousai.com

男性との付き合いが長くなってくると、色んなことが起こります。
彼氏に『好きだ』とか『愛してる』とか言われなくなることも出てきます。
『彼氏に嫌われたのかも』『飽きられたのかな』と不安になってしまいます。

不安になりがちですが、それは女性のとても大きな思い違いなのです。
男性側からすると、変わることなく彼女のことが好きな場合もあります。
今回は『実のところ女性を愛している男性の行動』についてお伝えします。

そっけないけれど連絡への無視はしない

電話での通話やLINE等をしている時、相手の態度がそっけないと悲しいものです。
せっかくLINEのやり取りをしていてもつまらなくなってしまいます。
また、電話で話をしていても長く話せなくなってしまうのです。

ですが、相手に対して冷めているなら電話には出ないです。
また、LINEが来ても返信をすぐにしない男性がほとんどです。
完全に冷めているのであれば、通話も何も出来なくなってしまいます。

電話をかけた時にきちんと出てくれて、LINEにも返信するなら好きな証です。
そっけない態度になってしまうのは、話題が見つからないからかもしれないです。
あるいは、相手女性とのやり取りに慣れ過ぎてしまっているからとも言えます。

電話で会話できるなら大丈夫

触れ合いはある

長く付き合っていると、どうしても2人の関係がマンネリ化してきます。
そうなると、夜になっても何もしないまま朝を迎えることになります。
体を重ねることを『彼との愛の証』としている女性なら辛くなります。

『愛情が無くなって冷めたから私のこと抱いてくれないんだ』
こんな風に女性が感じても仕方のないことです。
ですが、たとえ夜に体を重ねなくても触れ合いがあるのなら愛情はあります。

疲れている時や何か他の事をしたいという時もあります。
そうすると、体を重ねる回数も減ってしまう男性もいるのです。

就寝前にキスしたり抱きしめ合う恋人もいるかもしれないです。
こうしたスキンシップをしてくれる男性は冷めてはいないので大丈夫です。

『忙しい』という言葉を言わない

男性というのは何かと忙しいです。
勤務先と自宅との往復で疲れ切ってしまいます。
気に入っている女性と付き合っていても会う機会が少なくなってしまいます。

自分が狙っている女性がいれば、その人のために時間を作るものです。
長く付き合っている女性であれば、後にされてしまうことがあります。
そのような場合、『会いたいな』と言われて『忙しい』と言うなら冷めているかもしれないです。

ですが、『忙しいんだ』と言わないならその女性は愛されているということです。
『少しならいいよ』と言って時間を作ってくれるなら、好きだということです。
また『この日は用事があるから他の日ならいいよ』と言ってくれるならまだ好きということなのです。

忙しくても時間を作ってくれるなら好きな証拠

わかりづらい優しさを見せる

自分の彼氏が、別の女の子に優しさを見せているところを見てしまったとします。
『何で別の女の子に優しいの?私にしてくれたことなんてないのに』
こんな風にショックを受けてしまった女性もいるのではないかと思います。

ですが、男性というのは自分のタイプの女性や好きな女性には優しい生き物なのです。
中でも下心のある女性に対しては、その優しさがわかりやすいほど出てしまいます。
本当の意味でも、彼から優しくしてもらっているのではないかと思います。

時々、何かに対して注意してくれるのも彼の優しさだと言えます。
また、心から叱ってくれるのも男性の優しさなのです。
何とも思っていない相手には、注意したいなどとは思わないものです。

まとめ

男性との付き合いが長くなるほど、楽しいこともそうでないことも増えます。
愛の言葉を囁かれなくなることも出てくるはずです。
ですが、嫌われたのかも…と不安になることはないのです。

そっけなくても電話での連絡をしてくれるなら大丈夫です。
夜に体を重ねることはなくとも、触れ合ってくれるなら好きな証です。

忙しくても会うための時間を作ってくれたりするなら好きだということです。
わかりにくい優しさも彼の持つ愛です。

SNSでもご購読できます。