死を見つめているペットたち

ペットショップには色々な種類の数多くの子犬や子猫が販売されています。

販売価格はペットショップの規模や地域、人気種類によって違ってきます。

子犬や子猫の中には、販売価格が30万円以上する様なペットもいれば、大きくなったコトが理由で5万円程度の価格で販売されているペットもいます。

人気がある種類になれば、ペットショップの大半を占めて販売されているケースも珍しくありません。

しかし、この子犬や子猫たちの全てが新しい家族に迎えられるわけではありません。

新しい飼い主が見つかることがなく1歳を過ぎた成犬や成猫もいますが、中には体調を崩してしまい販売ケースの中で息を引取ったり、新しい家族に迎え入れられたものの「やっぱりいりません」と突き返されたペット達も少なくありません。

また中には、売れないからという理由で、ペットショップの店員達によって強制的に息を引取るペットも多いです。

ペットショップだけでなく、種類を限定して繁殖させているブリーダーの中にも売れ残ったペットは商品価値がないからという理由だけで処分されている現実があります。

従来は商品価値がないと判断されたら保健所と呼ばれる動物愛護センターに連れて行かれるケースがほとんどでした。

しかし、動物愛護法が変わったことによって動物愛護センターで持ち込まれたペットの受け取りを拒否出来る様になりました。

そのため、動物愛護センターで処分をしてもらえないかと言う理由で、食事や水を一切与えず衰弱死するのを待ってから山や川に放棄するブリーダーが増えました。

この様な処分方法はブリーダーだけでなく、ペットショップでも行なわれています。

実際、ペットショップでアルバイト経験をしたことのあるヒトの多くが、この様な行為を目にして自分で飼ったり、それらの行為に耐えられなくなってアルバイトを短期間で辞めてしまったというヒトいます。

ペットショップで販売されているペット達には、私たち人間と同じ様に命もあれば、感情もあります。

言葉にして発することができないだけで、ペット達も処分されていくペットを見ています。

命を商品にするコトは、ビジネスとしてとても難しい問題であり課題でもあります。

SNSでもご購読できます。