ペットの形をしたペット型ロボットの需要

動物が好き、ペットが好きだからイヌを飼いたい、ネコを飼いたい、と思ってはいるけど実際は飼っていないという人はたくさんいます。

ペットを飼いたいけど飼っていないヒトに理由を聞いたら、住んでいる家が賃貸でペットが禁止という理由が多く、次に独り暮らしだからペットに何かあった時にペットのそばにいてあげれない、自分の年齢がもう若くないから自分が死んだらペットの引き取り手がない、ペットが死ぬことが辛い、という理由も少なくありません。

賃貸はペットの問題と言うよりも環境の問題に近いと言えますが、それ以外の理由はペットの命を重点に考えていると言えます。

ペットも生き物なので病気になることは当たり前です。

風邪などの簡単な病気ならまだしも難しい病気になると、週に何回も通院しなくてはいけないし、ペットに留守番をさせていれば留守番中に急変しないか不安に思うのは当たり前です。

また、飼い主が高齢者だとペットよりも先に飼い主が亡くなってしまうケースも少なくありません。

子供や親戚がペットを快く引き取ってくれたら良いのですが、そこは分からないです。

もちろんペットにとってもそれは辛い出来事なのです。

ペットの死を経験しているヒトの中には、ペットの死が辛過ぎると言うヒトもいます。

そういうヒトをターゲットにしているのが、ロボットのペットです。

イヌの形をしているロボット、ネコの形をしていて実際のネコの声を研究してその時の機嫌を声で表現するなど、色々なペットのロボットがあります。

ロボットのペットは初期投資が高いですが、その後に病気になることもなければ近所に迷惑をかけることもないので、その点を気に入ってロボットのペットを買うヒトもいます。

今は技術の進歩によって、AIが優秀なので高性能なペットの形をしているロボットはたくさん種類があります。

その中から、予算や自分が求めている要素を満たしているペット型のロボットを選びます。

SNSでもご購読できます。