ミックス犬は初心者には向いていない?

犬の種類は、純血種と雑種(ミックス犬)の2つに分けることができます。

純血種とは、血統証が発行されている同じ種類同士のみを交配させた種類です。

雑種は、血統証が発行されている種類に関係なく、色々な種類で交配させた種類で、生まれてくる犬の特徴は交配させた犬の種類によって様々です。

トイプードルとトイプードルを交配させたら純血種になりますが、トイプードルとチワワを交配させたら雑種になります。

また、雑種と雑種を交配させても雑種という扱いになります。

純血種の場合、初めて飼う場合はその犬種の特徴や性格を知らないので苦労することも多いですが、2匹目から飼うとその犬種について多少の知識や経験が身に付くので飼いやすくなります。

性格によって多少は違ってきますが、コツと言うものは掴みやすいです。

雑種の場合、色々な犬種の遺伝子を引き継いでいるのでどういう特徴で性格かは毎回違ってきます。

大体は、父親と母親の犬種を性格や特徴を引き継ぐと言われますが、人間でも存在する覚醒遺伝子の存在があるので100%ではありません。

もしかしたら、おばあちゃん犬の性格が出ることもあります。

そのため、ミックス犬は初めて犬を飼う人にはハードルが少し高いかもしれません。

病気も、犬種によっては発症しやすいものがあります。

例えば、ダックスフンドはヘルニアになる可能性が非常に高いです。

プードルは、脱臼や骨折しやすいと言われています。

雑種と言われている犬は、色々な犬種の血を継いでいるから病気に強いと言われていますが、実際はそうとは限りません。

お互いの犬種のメリットのみが出れば大当たりかもしれませんが、お互いの犬種のデメリットを引き継いでしまうと、病気のリスクも2犬種分となるのでリスクも高くなってきます。

雑種は今ではミックス犬と呼ばれています。

ミックス犬と雑種では聞いた時の受け取り方が違ってきますが、ミックス犬だから雑種よりも丈夫と言うわけではありません。

SNSでもご購読できます。