真夏の犬の散歩は地熱に要注意!

酷暑は人間にとってもダメージが大きい暑さです。

酷暑と言われる様な暑さの中を買い物に出かけたりして帰って来たら気分が悪い、体がスゴくしんどい、というような経験をした人も多いと思います。

人間にとって短時間で調子が悪くなる様な暑さの中、ペットも熱中症になるのは当たり前のことです。

一昔前は夕方になれば涼しい風が吹いて夜にはコンクリートの地熱もすっかりとれているので、犬などの散歩ができましたが、最近は酷暑が続いてしまい夕方になっても涼しい風が吹かず逆にムシッとした風が吹いているため、夜になっても地熱がとれていません。

地熱が残っているコンクリートの上を散歩の犬は靴も履かずに歩くので、肉球が火傷したり、地熱の影響を受けて散歩後に体調を崩して吐いたりするケースも増えています。

犬は人間よりも地熱の影響を受けやすいです。

そのため、真っ昼間の太陽がカンカン照り状態の中を歩かせるのは、熱したフライパンの上を歩かせているのと同じ様なことです。

犬は人間にアスファルトやコンクリートが熱くても熱いと言うことができないし、リードを引っ張られたら嫌でも歩かなくてはいけません。

現に真っ昼間の散歩後に犬が急変して亡くなってしまうケースは、年々増加傾向にあります。

特に若い犬よりも老犬、柴犬みたいな座高が高い犬よりも地面に近いダックスフンドのような座高が低い犬は、地熱に注意をしてあげなくてはいけません。

とは言っても、犬を飼っている人全てが室内でトイレのしつけをしているとは限らず、外でしかトイレをしない犬もいます。

暑いからトイレを我慢させるわけにもいきません。

真っ昼間の暑い時にどうしてもトイレをさせる必要があるなら、できるだけ日陰の場所や草や土がある所を探してください。

小型犬の様に抱っこができる犬に関しては抱っこをして、トイレをしたらすぐに地面から離してあげてください。

大型犬の様に抱っこができない犬は、最短コースで散歩をさせて帰宅後にお水を必ず与えてください。

SNSでもご購読できます。