食べ物がない動物の元凶は人間

野生のイノシシやサル、クマといった山での生活をしている動物が住宅街に降りてくると大きな騒ぎになります。

警察のパトロールが増えたり、小学生の子供たちは集団での登下校になったり、毎日の日々を警戒しながら過ごさなくてはいけなくなります。

そんな生活の中で、家の外に置いていたゴミが荒らされたとなれば、家の中に動物が侵入してくる恐れがあるから戸締まりをしっかりする様に、ゴミを家の外に置くのではなく中でゴミ回収の日まで置くようにする、といった家の方に山の動物が来ない様に徹底します。

しかし、そういった行動の結果、食べ物を求めて山から降りて来た動物は、家の外で飼われている犬を殺して食べたり、外犬や外ネコのご飯に目をつけるので余計に家に近くなってしまいます。

その結果、ペットが殺されたとなれば次は人間が襲われるかもしれないということで、山から降りて来た動物を射殺するために警察も武装をして、山や山周辺では狩猟家が呼ばれます。

そして、もう山に戻ることはないだろうと、その山の動物は射殺され、住宅街の人々達は今までの安全な生活を取り戻すことができます。

こんな風に山の動物が住宅街に降りてくるには、降りて来ないと自分達が生き残るためのエサがないのです。

日本だけでなく世界中で、異常気象が起こっています。

そのため山や森などの自然の場所での、食べ物の成長が悪かったり、全く実らなかったりするのです。

そのため、動物も自分が生きるために仕方なく食べ物を求めて住宅街に行くしかないのです。

住宅街にいけば、キレイな果物がなくても、人間の食べ残しや賞味期限切れになったコンビニ弁当など、たくさんの食べ物がゴミとして捨てられているのです。

食べ物がない山の動物たちからすれば、そういう環境は有り難いと思います。

山の様に食べるものがない環境ではなく、少し移動すれば食べ物があるので山での生活よりも住宅街で生活した方がいいに決まっています。

人間はこういった状態になった時、自分達が襲われるのではという気持ちで山の動物が悪いと思います。

悪いのは、人間の方です。

人間は自分達の生活がある程度豊かになり生活が安定したにも関わらず、自然破壊をやめませんでした。

会社の利益のため、経済のためと言わんばかりに自然を壊すことを進めました。

その結果、自然のバランスが大きく崩れ、異例としかいえない異常気象を招く事態となってしまったのです。

近い将来、人間も食べ物がなくなり昆虫を食べると言われています。

山から食べ物を求めて降りて来た動物の姿は、未来の人間の姿なのかもしれません。

SNSでもご購読できます。