犬を飼うのは予想以上に大変

犬はとても可愛い

ペットショップに行くと、可愛い子犬の様々な仕草を見ることができます。
相性の合う子がいるか、どの子にしようか迷うくらいです。
ですが、犬を飼うのは簡単な事ではないのです。

しつけ・エサやり・散歩・予防注射など幾つもの義務があります。
そして人間と共に年を取れば介護も必要になってきます。

最期を看取るまで責任をもって飼わねばならないのです。
飼う前までと飼い始めてからのギャップに驚かされる飼い主も多いようです。

しつけるのに苦労する

576名の犬の飼い主さんにアンケートをしたのが、いぬのきもちWEB MAGAZINEです。
その中で一番多かったのが「考えてた以上にしつけに苦労した」というものでした。
『育児が一段落して犬を飼い始めたが、さほど変化はないです』
『月齢が同じ犬を同居させようとしたけれどケンカしている』
『静かに穏やかな雰囲気で過ごせるはずが、子犬は予想以上に大変』

『思ってた以上の悪戯に頭を悩まされる』『幼児を育てるのと変わらない』
『毎回の散歩は楽しいどころかキツ過ぎる』
『2頭飼いでも仲良く出来ると考えていた。でも人見知り・犬見知りの子がいる』
『色んな性格の子がいるのでしつけが大変』
理想と現実は大きく違っているのです。

愛しいぶんだけ費用が必要になる

犬を家族の一員として迎え入れると、飼い主としての責任感が発生します。
寂しさが紛れたりもしますが、その分大変なこともたくさんあるのです。

人間と同じように毎日食事もしますし、思わぬけがや病気もします。
病院までの通院費や治療費など人間以上に掛かるのです。
散歩も毎日してあげなければならず、予防注射も必要です。

また、人間が入浴するように犬たちも体を洗わねばならなくなります。
トリミングなどもしてあげることにもなるのです。
犬を飼う前に、経済的なことも考えておくようにして下さい。

楽しく過ごすためにも、生活に余裕を持たせておく事が重要となります。
けっして可愛らしいという気持ちを持っているだけでは飼えないのです。

一緒におでかけしたくても…

犬を家族として迎え入れるまでには、誰もが色んな事を考えていると思います。
「愛犬を連れておでかけしてみたい」といった理想です。

しかし、現実は次のような意見が出ています。
『出来うる限り一緒に出掛けたいのだけど、場所によっては制約がある』
『車で旅行に行きたくても酔ってしまう』
『旅行に連れて行きたくてもペット同行不可の場所もある』
『制限があるのかないのか判断に迷う場所もたくさんある』

近場であれば入れる場所もあるかもしれませんが、遠出となると難しくなります。

ペットホテルに預けている間も、心配になる飼い主さんもいるはずです。
愛犬と一緒に過ごせない場所がある事にびっくりしている飼い主さん達もいたみたいです。
犬を飼うと責任感が出ます

描いていた理想と現実に大差なし

こうしたさまざまな意見もありますが、逆に次のような声もあります。
「思い描いていた理想と現実とに大差はない」といったものです。
どういったものがあるのか見ていきます。

『理想していたよりもすごく楽しい現実になっている』
『自分が理想していた通りだった』『これほどまでに可愛いなんて!』
『家族皆でじっくり話し合って迎えた。理想とか現実とか気にしていない』
『理想していたよりもすごく幸せ。そのぶん最期を看取れるかが不安』

犬を飼い始めたら、最期を看取るまでの責任を果たす必要があります。
迎える前に家族で話し合う、犬のことを学ぶ、経験者に聞くことも大切です。
そうしておくことで、不安にならずに飼い始める事ができます。
経験者に聞くことも大事

まとめ

犬を飼うと、楽しい反面大変なこともたくさんあります。
成長する喜びと共に病気や怪我にも気をつける必要があるのです。
家族として迎え入れるからには、責任重大ともなります。

子育てをするのと同じように、ゆっくりと育てていってください。
犬に限らず動物も人間と同じ生き物です。

色んな性格の子がいるので上手くいかない事もあると思います。
そんな時は、先輩飼い主さんに聞いてみるのもひとつです。
きっと勉強になるはずです。

SNSでもご購読できます。