ペットの命を重く感じない日本人

日本でも、飼い主によって捨てられた可哀想なイヌやネコはたくさんいます。

従来では、イヌやネコが毎日何匹も処分されており、1年間を通じると数万匹のイヌやネコが保険所で最期を殺されたくないにも関わらず殺されていたのです。

それらは、全て人間が招いた結果でしかないのです。

テレビのコマーシャルに出ていたペットがカワイイからと勢いで飼ったものの実際は病院代や食事代、健康管理などにお金がかかり、思っていたよりも面倒なんて自分勝手な理由でそのペットをゴミを捨てる様に捨てているヒトがたくさんいました。

また、仕事の都合で転勤になって飼うことができなくなったから捨てるしかない、というのは人間の勝手なのです。

それは、その飼い主だけでなく会社や企業も同じです。

ペットを飼っているから転勤できないと言う社員に対して、出世したいならペットを保健所に捨てて転勤しなさい、転勤できないなら君はクビだよ、という会社や企業はそのペットの命を考えていないのです。

海外では、そういうことはほとんどありません。

海外でそういうことをいう会社や企業があれば動物愛護団体がデモ行動を起こしたり、裁判したりする国も少なくありません。

海外では、ペットの命というものを人間の命と同じ様に扱っているヒトがたくさんいるのです。

日本では、ヒトはヒト、ペットは所詮ペットでしかない、という見捨てている部分が少なくともあります。

そういった考えに賛成ができず、ペットを大事にしているとペットを甘やかしていると言う誤認識の見方をする日本人がたくさんいます。

あきらかに年老いて介護が必要としている親を抱えている社員の方が仕事に大きな影響をだしています。

それなのに直接文句を言われないのは、それが人間だからです。

SNSでもご購読できます。