犬に洋服を着せるのはケースバーイケース

過去最大級と呼ばれるほど、大きな寒波が襲来したことで、寒い思いをしているのは人間だけではありません。

毛皮を着ているペットも同じ様に寒い思いをしています。

特に散歩を必要とする犬を飼っていると、散歩が出来そうであれば寒くても散歩に行っている飼い主は多いです。

寒波が襲来してペットも寒いだろうと思って、ペットショップで自分のペットにあうサイズのペット用の服を購入する飼い主が多いですが、寒ければ洋服を着せれば良いという考え方は実は間違っているのです。

ペットに洋服を着せることでのメリットは、犬やネコのペットよりも飼い主に多いです。

しかも飼い主にとってはメリットでも、ペットにとってはデメリットにしか過ぎないケースが非常に多いのです。

洋服を着せてお散歩に行けば、お腹周りや足の周辺の毛が汚れることがないので、散歩から帰って来たら犬の洋服を洗うだけなので犬を洗うことを考えれば非常に楽です。

しかも、お洋服を着せてでかければ、犬好きや動物好きのヒトにも自分のペットが可愛がられることが多いです。

そのため、ペットのためではなく、知らぬうちに自己満足を得るために犬に洋服を着せている飼い主が非常に多いのです。

じゃあ犬に洋服を着せても犬にとっては無意味なのか、と聞かれたら必ずしもそうではありません。

犬の中には毛がない犬種もいれば寒さに極端に弱い犬種もいます。

そういった犬種は、洋服を着させてあげないと寒がったり、体調を崩したりすることもあります。

しかし毛のある犬種の多くは、洋服を必要としない犬種がほとんどです。

洋服を着せることでストレスになったり、アレルギーを起こしたりするケースも珍しくありません。

しかし中には、性格で寒いのが苦手という子もいます。

なので、犬に洋服を着せる時は、犬が嫌がっていないか、着せた後に体調を崩していないか、というチェックを怠らない様にしましょう。

SNSでもご購読できます。